交通事故とうつ病

交通事故とうつ病はあまり関係がないと思っている方もいるものの、そうではありません。交通事故の被害に遭った経験が引き金となって、PTSDを発症するケースは確かにあります。不安や意欲低下の状態、あるいは抗うつ状態や記憶や知的能力の障害などがあるのなら、交通事故によって引き起こされたものと疑うのは当然といえるでしょう。

普通に日常生活を送るのが困難になってしまう場合もあります。

となると、当然後遺障害として認定されるべきであるものの、交通事故との因果関係があるのかをハッキリさせる必要があります。そして、医師による治療も行っていかないといけません。専門医によって適切な治療を受けても症状が改善しないことが、後遺障害として認められる可能性を高める要素になります。

PTSDが発症したと思われる場合は、まずは専門医の診察を受けるのが望ましいです。そして交通事故による後遺障害に強い弁護士に相談をするのが大切になります。いくら交通事故に遭ったことが理由でうつ病になったとしても、因果関係を証明できないと等級にも慰謝料にも影響しません。

今後の人生を左右する大きな出来事になるため、妥協した対応はしないようにしないといけません。

合わせて読む:弁護士の存在

Top